ニキビ サリチル酸

サリチル酸って何?ニキビの改善に嬉しい効果とお手入れ法

長くニキビに悩んでいる方の中には、ニキビに効くといわれるお手入れがあれば、とりあえず試してみる!という方も多いのではないでしょうか?

 

ニキビに効くといわれるお手入れ方法は様々ありますが、最近「サリチル酸」でのお手入れが注目されています。あまり聞きなれない「サリチル酸」ですが、どのような効果があるのか、またどんなお手入れをするのか詳しくご説明していきます。

 

ぜひ参考にして、本当に効果のあるお手入れを見極めましょう!

 

ニキビの改善に…サリチル酸って何?

 

サリチル酸とはニキビの改善に効果が期待できる合成有機化合物で、ニキビ治療の処方薬や市販のスキンケアまた食品などにも含まれる成分です。
サリチル酸にはニキビを改善するために重要な3つの効果があります。

 

まず1つ目の効果は殺菌作用です。ニキビとは毛穴の中で肌の常在菌であるアクネ菌が過剰に増殖したことで起こる炎症です。サリチル酸には、この増殖しニキビの原因となっているアクネ菌の繁殖を抑制する「殺菌効果」があります。

 

2つ目は、アクネ菌の増殖によって起こった毛穴の炎症をそのままにしておくと、肌深部にまでダメージが広がり、ニキビの悪化やニキビ跡の原因になってしまいます。炎症状態がひどいと、改善が難しいクレーター肌になってしまうことも…。

 

サリチル酸にはこのような炎症を早期に鎮静化させる「抗炎症作用」があり、赤く腫れた炎症の酷いニキビや炎症によって生じる膿がこもったニキビを改善する効果があります。

 

3つ目は、サリチル酸には古い角質や老廃物を除去する「ピーリング効果」があります。
ニキビは肌のターンオーバーが乱れ、古い角質や老廃物が溜まることで毛穴詰まりを起こし、毛穴に存在しているアクネ菌が増殖しやすい環境を作ってしまうのです。

 

サリチル酸の「ピーリング効果」で、古い角質や老廃物を除去することで、乱れていた肌のターンオーバーを整えて、肌を正常な状態に整えて、ニキビができにくい肌質へと変化させていくことができます。

 

このような「殺菌作用」・「抗炎症作用」・「ピーリング効果」と、ニキビの改善に重要な3つの効果が、サリチル酸の作用として挙げられるので、ぜひ気になるニキビのお手入れに、サリチル酸を取り入れてみましょう!

 

ニキビを改善!サリチル酸のお手入れ法

 

サリチル酸自体はネットやドラッグストアなどで簡単に購入することができますが、サリチル酸をお手入れに取り入れる場合、刺激が強く肌荒れの原因になる可能性があるので、サリチル酸がバランスよく配合されている市販のスキンケアを使用することをお勧めします。

 

サリチル酸は、洗顔・化粧水・美容液・クリームなどニキビの改善に効果が期待できる基礎化粧品に含まれているので、ぜひスキンケアを選ぶ際には成分をチェックしてみましょう。

 

先ほどもお伝えしましたが、サリチル酸はニキビ治療の処方薬にも使用されるほど、改善効果の高い成分です。そのため、刺激が強く逆に肌にダメージを与えてしまう場合があるので、肌がかゆみを伴ったりヒリヒリしたりと、肌に合わない時にはすぐに使用を止めましょう。

 

特に肌が乾燥している時にサリチル酸が配合されたスキンケアを使うと、サリチル酸の「ピーリング効果」によって必要な角質まで除去してしまい、更に肌の乾燥が進み、ニキビを悪化させてしまう可能性があるので、注意しましょう。

 

ニキビはサリチル酸で改善しよう!

 

サリチル酸はあまり聞きなれない成分ではありますが、意外に多くの薬やスキンケアに配合されています。今使っているニキビの改善薬やスキンケアにも含まれている可能性があるのでぜひ一度チェックしてみましょう。

 

サリチル酸は高い効果ゆえに注意点もあるので、日々のお手入れにサリチル酸を取り入れる時には、肌の状態を見ながらスキンケアを組み替えるなど、自分の肌と向き合いながらお手入れの工夫してみましょう。