ニキビ エタノール

エタノールでニキビは改善する!もたらす効果とお手入れ法

消毒薬としてよく用いられるエタノールが、多くの化粧水に配合されていることをご存知ですか?
スキンケアとして使用されるエタノールは、ニキビの改善にも高い効果が期待できます。

 

そこで今回は、ニキビを改善するエタノールの効果や使用する際の注意点などを詳しくご紹介していきます。
ぜひ参考にして、エタノールで効果的なニキビのお手入れを始めましょう!

 

ニキビに効く!?エタノールの効果とは…

 

エタノールは、でんぷんや糖蜜をアルコール発酵させて作られる、揮発性が高い抗菌・殺菌作用のある成分です。消毒薬だけでなく、多くのスキンケアに配合されており、エタノールの効果がニキビの改善にも期待できるのです。

 

ニキビは、皮膚の常在菌であるアクネ菌やマラセチア菌が毛穴で炎症を起こしている状態のことを指します。皮脂や角栓によって毛穴詰まりを起こすと、ニキビの原因菌が増殖し、さらにニキビを悪化させてしまうのです。

 

エタノールは高い抗菌・殺菌作用で、そんなニキビの原因となっている菌の増殖を防ぎ、毛穴の炎症を鎮静させていきます。また収れん作用もあるため、エタノールを使用することで毛穴をキュッと引き締めて、過剰な皮脂の分泌を抑え、毛穴詰まりを防ぎます。

 

エタノールの効果はその他にも、揮発性が高いため化粧水を塗った時にスッと爽快感を感じることができます。肌表面に蓄積した老廃物や皮脂を除去することで、肌の柔軟性を高め、スキンケアの浸透力を上げてくれます。

 

またエタノールを多くのスキンケアに配合するのは防腐剤の役割が大きく、スキンケアの腐敗を防ぎ、長持ちさせることができます。肌のトラブルを改善するためにも、スキンケアの品質を守るためにも、エタノールは非常に重要な成分です。

 

ニキビケアにエタノールを使う時の注意点

 

エタノールはニキビを改善するのに大変優れた成分ですが、使い方を間違えてしまうと逆にニキビが悪化したり、肌トラブルが生じたりしてしまう可能性があります。

 

ニキビの原因となっているアクネ菌やマラセチア菌は、決して悪い菌というわけではなく、その他の常在菌とバランスを保ちながら肌のバリア機能を高める働きをしています。そのためエタノールを多用しすぎると必要な菌まで死滅させてしまうことになってしまいます。

 

肌の健康のために必要な常在菌まで死滅すると、肌はバランスが崩れ、バリア機能が低下し、様々な肌トラブルが生じることになります。また高い揮発性から、肌の水分も一緒に蒸発してしまい、肌のうるおいを損ね、乾燥を引き起こす原因になることも考えられます。

 

以上のことからも、エタノールを高濃度で使用するのは、ニキビの悪化や乾燥などの肌トラブルを起こしかねません。エタノールは薬局やドラッグストアなどで手軽に購入できますが、肌のお手入れとして使用する場合は、原液を用いるのはやめましょう。

 

そして敏感肌の方は、エタノールのアルコール成分が刺激に感じてしまうことがあります。
エタノールが配合されたスキンケアを使用する際に、肌に違和感やトラブルが生じた時は、すぐに使用を控えるようにしましょう。

 

またごくまれにエタノールが配合されたスキンケアで赤みや発疹が生じてしまう場合があります。アルコールに対するアレルギー症状を引き起こしてしまう可能性もあるので、体質的に合わない場合も使用は控えましょう。

 

エタノールで効果的なニキビケアを!

 

エタノールはニキビの改善に効果が期待できますが、使い方や肌質によっては肌トラブルの原因になってしまうことがあります。肌に合わせて適切に使用すれば、ニキビのない肌へと変化していきます。

 

ニキビのケアをする時は、使用するスキンケアにエタノールが配合されているか、ぜひチェックしてみましょう。
エタノールを効果的に使用して、ニキビの悩みを解消しましょう!