ニキビ オロナイン

ニキビを治すならオロナイン!効果的なお手入れ法と注意点

オロナインは万能薬として多くの方が愛用しているお薬です。オロナインは万能薬と言っても、実際にどんな効果があるのかご存知ない方も多いのではないでしょうか。

 

実はオロナインの最大の効果は「ニキビの改善」なんです。
そこで今回は、ニキビを改善するオロナインの効果や、お手入れのポイントを詳しくご紹介します。

 

ニキビを改善するオロナインの効果

 

オロナインの効能として一番に記載されているのが「ニキビ」ということをご存知ですか?家庭の万能薬として、様々な外傷に用いられているオロナインですが、意外にもニキビの改善が主な効能ということになります。

 

オロナインの主成分はクロルヘキシジングルコン酸塩液といわれる殺菌消毒効果が非常に優れた成分です。その他にワセリン・グリセリン・ステアリルアルコールなど保湿効果の高い成分が配合されています。

 

上記の成分から、オロナインは殺菌・消毒・保湿の効果に優れたお薬と言えるでしょう。
オロナインの効果・効能がわかったところで、次はニキビができる原因について見ていきましょう。

 

ニキビは肌に常在しているアクネ菌やマラセチア菌というニキビ菌が原因となり生じる肌トラブルです。このニキビ菌は嫌気性の性質で空気に触れることを嫌うため、空気に触れにくい毛穴の中に存在する常在菌です。

 

皮脂・老廃物・角栓などにより毛穴詰まりを起こすと、ニキビ菌にとって毛穴は、居心地の良い環境になっていきます。またこのニキビ菌は油脂を好む好脂性という特徴もあるため、毛穴に皮脂をどんどん溜め込んでいき、毛穴は菌が繁殖しやすい条件を満たしていきます。

 

ニキビ菌が過剰に繁殖することで、毛穴が炎症を起こしニキビが増えたり、悪化したりと肌トラブルを引き起こしてしまうのです。ニキビを収束させるためには、この原因菌の繁殖を抑えることが重要になります。

 

このことからも、殺菌消毒効果の高いオロナインは、ニキビ菌の繁殖や毛穴の炎症を抑制することができるため、ニキビの悪化を食い止めることができます。

 

白ニキビや黒ニキビは、まだニキビ菌が繁殖・炎症を起こしていない初期のニキビです。早めにオロナインでケアしておくと、菌の繁殖を抑制し、ニキビの悪化を未然に防ぐことができます。炎症状態が酷い赤ニキビは炎症を鎮静化させ、徐々に症状が緩和していきます。

 

オロナインでニキビケアする時にポイント

 

以上のことからもオロナインはニキビの改善に高い効果が期待できる薬と言えるでしょう。
オロナインは、洗顔後の肌がキレイな時に綿棒を使って患部に優しく塗布しましょう。使用は1週間程度を目安にし、改善が見られない時は病院を受診しましょう。

 

オロナインは肌への負担も少なく、非常に使いやすい薬ですが、ごくまれに副作用が現れる場合があります。赤み・発疹・かゆみ・腫れなど気になる症状が現れた時はすぐに使用を控えましょう。

 

またオロナインはニキビの改善には効果的ですが、ニキビ跡を薄くするような効果は含まれていません。跡になってしまったニキビは、美白系のお手入れが必要になるので、ニキビケアと並行して美白のお手入れを取り入れるようにしましょう。

 

オロナインは用法・用量を守って適切に使用すれば、ニキビの改善に役立ちます。お肌やニキビの状態を見ながら、お手入れの一つとして取り入れてみましょう!

 

ニキビケアはオロナインを効果的に取り入れて!

 

万能薬として多くの方に愛用されているオロナインは、ニキビを改善する効果が非常に高いので、ぜひニキビのお手入れにオススメしたいアイテムです。

 

しかしオロナインも薬なので、長期使用や使用方法を誤ると、逆に肌トラブルの原因になってしまうことがあります。オロナインでケアする時は正しく使用することを心がけましょう。

 

ニキビのない美しい肌をキープする為にも、肌の変化に早めに気付き、トラブルに合わせたケアができるように、日頃から肌のチェックをしておきましょう!