ニキビ 悪化

要注意!ニキビが悪化するのは間違ったお手入れが原因かも!

ニキビが悪化してしまうのは、いくつか考えられる原因がありますが、お肌の為と思っていたお手入れが、ニキビにとって逆効果になっている可能性も考えられます。
あなたのニキビケアは本当に効果があるお手入れなのでしょうか…

 

ニキビができると鏡を見るのも憂鬱…早くなんとかしたい!とニキビのケアに一生懸命になりがちですが、間違ったお手入れをしていると、逆にニキビを悪化させる原因になってしまいます。

 

そこで今回はニキビを悪化させてしまうお手入れや、本当にニキビの改善に効果があるお手入れ法をご紹介していきます。

 

これって間違い!?ニキビを悪化させるお手入れとは…

 

まず注目したいのが洗顔です。ニキビができると肌をキレイに保つために洗顔を念入りにしがちです。お肌をキレイに保つのはニキビケアの重要なポイントですが、過度な洗顔は逆にニキビを悪化させてしまう原因に…

 

洗顔料を十分に泡立てず、ゴシゴシ一生懸命洗ってしまうと、洗顔の摩擦が肌のダメージとなってしまいます。そして洗顔のし過ぎは肌を守るために必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌のバリア機能を低下させ、肌のうるおいまでも損なわれてしまいます。

 

またすすぎ残しで、洗顔料の成分が皮膚に残ったままでは、毛穴詰まりの原因や肌の刺激となり、余計にニキビを悪化させてしまいます。ニキビのケアに洗顔は重要ですが、方法を間違えると、ニキビはどんどんと悪化してしまいます。

 

次に注目したいのが化粧品です。ニキビケアの化粧品は、過剰に分泌された皮脂を抑制するものが多く市販されていますが、大人のニキビは、逆に乾燥が原因になっていることが多く、うるおい不足によりベタつきを感じやすくなっているのです。

 

そのため洗顔や皮脂を抑えるお手入れだけを重視しても、さらに乾燥が進み、皮脂分泌を一掃加速させてしまいます。肌のベタつきを改善するためには、保湿ケアで肌にうるおいを与えることが一番重要になります。

 

大人ニキビの改善に必要なお手入れは、正しい洗顔と保湿です。
この2点を押さえてケアすればニキビは徐々に良くなっていきます。

 

ニキビの悪化を防ぐ!本当に効くお手入れは?

 

ではまず大人ニキビを改善する正しい洗顔を身に付けていきましょう。

 

乾いた肌にいきなり洗顔料をのせてしまうと肌への刺激となってしまうので、洗顔する前にまずは顔を濡らしておきましょう。洗顔時のお湯の温度は32℃前後のぬるま湯がオススメです。温度が高すぎると、必要な皮脂まで洗い流されて更に乾燥が進んでしまいます。

 

洗顔料はネットや洗顔用泡だて器を使って、しっかりきめ細かく泡立てましょう。不十分な泡立ちでゴシゴシ洗ってしまうと肌の刺激になるので、泡で包み込むように優しく洗顔しましょう。

 

小鼻・鼻の下・あご・こめかみは洗顔のすすぎ残しが多く見られるので、特に意識しながらすすぎ残しがないように気を付けましょう。

 

ベタつきが気になっても、洗顔のし過ぎはさらに皮脂分泌を活発にしてしまうので、洗顔は1日2回までに留めましょう。また保湿効果が高い洗顔料は、洗顔後の乾燥を防ぐことができるのでオススメです。洗顔料を選ぶ時にはそういった効果もチェックしてみましょう。

 

次に保湿のお手入れです。洗顔後はたっぷりの化粧水で肌にうるおいを補いましょう。
肌がうるおうことにより、過剰な皮脂分泌を抑え、ニキビの原因となる毛穴詰まりを改善することができます。

 

肌の状態を見ながら乳液・美容液・クリームなどをプラスして、肌のうるおいをキープしましょう。肌が水分で満たされ、皮脂とのバランスが整うことで、肌のバリア機能が強化され、ニキビのできにくい肌へと改善していきます。

 

ニキビの悪化は早めに対策を!

 

ニキビを改善するためには、肌やニキビの状態に合わせて、適切なお手入れをきちんと行うことが大切です。間違ったお手入れは逆にニキビを悪化させてしまうことを覚えておきましょう。

 

またニキビの悪化は間違ったお手入れ以外にも、睡眠不足や過度なストレスなど乱れた生活習慣も大きく関係しています。ニキビが悪化してしまった原因をしっかり突き止め、お手入れや生活を早めに見直すことがニキビ改善のカギになります。

 

ニキビの改善・予防のためにも、ぜひ参考にして日々のお手入れや生活習慣の見直しに役立ててみましょう。