ニキビ 栄養不足

ニキビと栄養不足の関係は…美肌に導く栄養素と食事のポイント

いくらお手入れをしてもなかなか改善しないニキビは、日頃の栄養不足が原因になっているのかもしれません。

 

ニキビを改善し美肌を保つためには、栄養バランスの整った食事が重要です。
しかし忙しい毎日の中で、ついついファストフードや外食など、手軽な食事に頼りがちになっていませんか?

 

そこで今回は栄養不足がもたらす問題点やニキビを改善するために必要な栄養素などをご紹介していきます。

 

あなたの食生活は、どこを改善すべきなのか当てはめながらチェックしてみましょう。

 

気になるニキビの原因は栄養不足が原因かも!

 

忙しい日々を送っていると、ついつい食生活が適当になってしまいがちに…
食生活が疎かになると、ニキビや肌荒れが目立つようになり、なかなか肌を健康な状態に改善することが難しくなってしまいます。

 

食生活の乱れによって生じたニキビは、いくらお手入れをしても良くなることはなく、やはり食生活を根本的に改善することが、ニキビを治すのに一番重要なポイントになります。

 

ではなぜ食生活が乱れるとニキビが生じてしまうのか…
それはお肌の栄養不足が原因になっていることが考えられます。

 

ニキビが生じる原因は、ホルモンバランスや肌の生まれ変わり(ターンオーバー)のサイクルが乱れ、肌がバランスを崩すことで起こります。そしてこれらの原因には、身体の栄養不足が大きく影響を及ぼしているのです。

 

特にビタミンは美肌をつくるためには欠かせない栄養素で、不足するとニキビを含む様々な皮膚トラブルを引き起こしてしまいます。ビタミンが不足すると肌はどのような変化が生じるのか、栄養素ごとに詳しく見ていきましょう。

 

 

まずビタミンAは肌の生まれ変わりをスムーズに行うために必要な栄養素で、ビタミンAが不足するとターンオーバーが乱れ、肌のバランスが崩れてしまいます。
それによりバリア機能が低下し、ニキビができやすくなってしまいます。

 

次にビタミンB群は、肌が健康な状態を保つよう、新しい細胞を生成する働きがありますが不足することで、健康な細胞が作られず、肌の状態は不安定に。さらに皮脂分泌のコントロールも上手くいかず、肌は脂っぽくなりニキビの原因となる毛穴詰まりを引き起こします。

 

またビタミンCには肌荒れの改善や美白の効果があり、ニキビだけでなくニキビ跡の色素沈着を防ぐ効果も期待できます。美肌をつくるためにはとても重要な栄養素と言えますが、不足することでニキビやニキビ跡の悪化に繋がってしまいます

 

このようにビタミンが不足するだけでも、肌状態は不安定になりニキビを悪化させる原因になっているのです。もちろんビタミン以外にも、ニキビのない美肌をつくるためには鉄分やミネラル、食物繊維など、数多くの栄養素が必要になります。

 

ニキビのない肌へ!栄養不足の効果的な改善法

 

ニキビを改善するためには、たくさんの栄養素が必要となるため、食事により多くの栄養素をバランスよく摂取することが重要です。

 

外食・ファストフード・コンビニ弁当など、手軽に摂れる食事では栄養バランスが偏ってしまいがちです。毎日の食事を少しずつ見直すことで、ニキビの改善に効果が期待できるでしょう。

 

上記ご紹介したニキビを改善するために必要な栄養素を多く含む食材を、日々の食事に取り入れてみましょう。

 

ビタミンAを多く含む食材:ニンジン・ほうれん草・レバー(鶏・豚)・ウナギ・チーズ・卵黄・モロヘイヤ・海苔・わかめ

 

ビタミンB群を多く含む食材:豚肉・ウナギ・ナッツ・まぐろ・かつお・乳製品・たまご・バナナ・レバー(鶏・豚)

 

ビタミンCを多く含む食材:トマト・ピーマン・ブロッコリー・カリフラワー・いちご・ケール・キウイ・柿

 

栄養不足を改善してニキビを一掃しよう!

 

ニキビを改善するためには、乱れた食生活を見直し、不足しがちな栄養素をしっかり補うことが大切です。日頃から栄養バランスの整った食事を意識するだけで、ニキビのできにくい肌へと体の中から改善していきます。

 

なかなか改善しないニキビでお悩みの方は、スキンケアをいろいろ試すよりも、まずは食生活を見直して、ニキビのない健康で美しい肌作りを目指しましょう!