ニキビ 汗

ニキビは汗で悪化する?知っておくべき肌トラブルと代謝の関係

ニキビができてしまう原因はいくつかありますが、肌表面が清潔に保たれていないことでも、肌トラブルが生じてしまいます。汗をかくことは体の代謝を上げる重要な働きではありますが、同時にニキビの原因になってしまうこともあるのです。

 

そこで今回はニキビと汗の関係について詳しくご紹介します。
ニキビの悪化を食い止めるためにはどうするべきか、ぜひチェックしてみましょう!

 

ニキビは汗で悪化するって本当?

 

汗をかくとニキビは悪化するのか…結論から言うと、全ての汗がニキビの原因となるわけではありません。私たちの体にはエクリン腺とアポクリン腺という2種類の汗腺から汗が分泌されており、顔に存在する汗腺はすべてエクリン腺です。

 

エクリン腺から分泌される汗は、主に体温調節を行うための役割があり、99%が水分でできているため、サラサラとした汗です。この汗は皮脂と結びつくことで、肌表面に皮脂膜をはり、ニキビやトラブルから肌を守るバリア機能を強化する働きがあります。

 

また汗をかくことで血行促進や新陳代謝を高める効果もあり、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを正常化する働きも期待できます。

 

このように汗をかくことで老廃物を排出し、肌のバリア機能を強化しながら肌の状態を安定させる働きがあります。汗には肌の健康を保つための重要な役割があり、汗をかくことがニキビの悪化に繋がるわけではありません。

 

しかし肌を守るための汗でも、多量に分泌された汗をそのまま放置してしまうと、汗に混ざった皮脂や老廃物が角栓となり、毛穴詰まりの原因になってしまうことがあります。

 

毛穴にはニキビの原因菌であるアクネ菌が常在しており、毛穴が詰まることで、菌が繁殖しやすい環境となり、ニキビができやすい肌状態に変化していきます。また皮脂や老廃物はアクネ菌の栄養となるため、菌はどんどん繁殖しニキビが増加・悪化に繋がっていきます。

 

そして汗が蒸発する時には肌のうるおいも一緒に失われ、肌は乾燥状態に…。うるおい不足を補うために、さらに皮脂分泌が過剰になり、肌はベタつきニキビができやすい不安定な肌に変化してしまうのです

 

大人ニキビの原因である「毛穴の詰まり」と「肌の乾燥」。
汗の分泌は肌を守るために必要な機能と言えますが、汗を放置してしまうと大人ニキビを悪化させる大きな原因になってしまうことを覚えておきましょう!

 

ニキビの悪化を防ぐ汗の対処法

 

このように汗をかいた後の対処によっては、ニキビを悪化させる要因の一つになってしまいます。では肌にとって汗をどう対処することが一番良い方法なのか、それは汗をかいた時は放置せずにこまめに拭くことが重要です。

 

タオルで汗を拭く時にゴシゴシと擦ってしまうと肌の刺激となり、ニキビを悪化させてしまう原因になります。汗をかいた時は、タオルを肌に優しく当ててこまめに拭きとりましょう。

 

肌の衛生を保つためには洗顔も有効ですが、洗顔のし過ぎは肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌の乾燥状態を加速させます。洗顔は1日2回程度に留め、洗顔後はしっかり保湿のケアを心がけましょう。

 

また汗をかいた時には体全体が水分不足に陥ってしまいます。
しっかり水分補給をして、肌の乾燥を体の内側からも予防しましょう!

 

そして普段から汗をかく習慣がない人は、老廃物が溜まりやすく、肌のバリア機能も衰えてしまいます。ニキビを防いで美肌を保つためには、日頃から運動や入浴などで、汗を上手にかく習慣をつけておきましょう。

 

汗を味方につけてニキビのないツルスベ肌へ!

 

汗を分泌することは、肌の健康を維持するための重要な役割を持っています。
汗を正しく対処して、しっかりお手入れすることができれば、ニキビのない美しい肌へと変化していきます。

 

今回ご紹介した汗の対処法を参考に、良い汗をたくさんかいて、ニキビのない美しい肌を維目指しましょう!